ヌーブラ

バストの大きさは遺伝だけではない?

あなたは父親似ですか、母親似ですか。
よく小さいころから目が似ているね、声が似ているね、なんて言われながら育ってきたのではないでしょうか。
遺伝はとても不思議なもので、先祖代々からつながってきた命のバトンのようなものです。
親、あるいは祖父母などの面影が身体に潜んでいるなんて、歴史の積み重ねのようで素晴らしいことですね。
でも、母親のバストが小さい場合、子どものバストも小さいという現象もあります。
これは遺伝なのでしょうか。

遺伝で伝わるものは色々ありますが、バストサイズにおける遺伝も多かれ少なかれ関係していると言われています。
これはバストそのものが遺伝しているのではなく。
ホルモンバランスや成長期における成長の仕方などに類似性が見られるためです。
おこれは必ずしも起こるものではありません。
例えば身長の低い両親から背の高い子が育つこともあるので、あくまでも類似性程度です。
日本人の平均バストサイズはBカップ程度と言われていますが、食生活などで容易に変化し得るものなので、遺伝のせいだと決めつけるのはあまりお勧めしません。
目安程度に考えておき、もしもバストサイズにお悩みなら次の方法で新たな一手を打ってみてください。

遺伝に負けないバストアップを目指す場合には、「ブラジャーの見直し」が急務です。
〆つけ過ぎたバストでは大きく成長できないですし、逆に緩すぎるものですとバストを支える力が足りず、垂れてしまいます。
ご自身のバストにきちんとフィットする下着を身に付けることが、バストアップの第一歩です。
下着専門店でまずは自分のサイズが合っているかどうか計測してもらいましょう。
高級下着は確かに高いですが、機能性が高くバスト以外のシェイプアップ効果もあるので大変人気です。
その他にも、脂肪の流れを意識してバストを包むように設計された育乳ブラジャーもここ数年人気の勢いが上がっています。
育乳ブラジャーは高級下着に比べると安価なので、いくつか数を所有することも出来るでしょう。